【陸上/中距離】サポーターとテーピングはどちらがいいの?おすすめサポーター・テーピング!

シューズ/アイテム

怪我に悩んでいる方はすくなくないのではないでしょうか

私自身も学生時代には肉離れや捻挫などに悩まされてきました。

怪我が長引くと競技力が低下してしまい、仲間たちにおいていかれたような気持ちになってしまいますよね。

そんなときに助けられたのがサポーターとテーピングです。

痛みを和らげ本調子とは言えないものの練習に参加できるようになった経験があります。

今回はそんなサポーターとテーピングの効果やおすすめの商品を紹介していきます。

サポーター・テーピングのメリット

  • 関節や筋肉の動きを制限して痛みをやわらげる(部分固定)
  • 筋肉の動きをサポートして動きやすくする(部分サポート)

捻挫した場合は、同じ動作を繰り返してまた捻挫しないように、テーピングやサポーターを使って足首が内側に動かないよう制限して再度ケガをしないように使います。

筋肉を痛めた場合は動きの中で伸びすぎて再度筋肉を痛めないように軽く圧迫しながら動きを制限したり、痛みはないけれど不安が残る際、皮膚にテーピングを直接貼って伸張性をサポートするなどの対応もできます。

サポーターとテーピングどっちがいいの?

ケガにつながる動きの制限という面では、テーピングが効果的です。 ただ、サポーターは誰でも簡単に装着でき、何度も使えるという長所もあります。 

どちらにしても使う範囲は最小限度にとどめ、テーピングやサポーターに頼らないように筋力強化などもあわせて行っていくようにします。

その上でテーピングとサポーターのメリット・デメリットを理解し、使用用途にあわせて選択していくとよいでしょう。

サポーター

専門知識がなくても装着するだけで目的とする効果が得られやすいため比較的簡単に使うことができ、繰り返し使えるので長期的に考えるとコストが安くなりやすいです。

ただし初期投資がテーピングに比べて高くなることがデメリットです。

テーピング

ある程度専門知識のある人が巻いた方が好ましく、単純なものであれば選手自身でもテーピングの練習した上で使うことができるという点や自分の身体にフィットしやすいところがメリットです

ただし何度も繰り返しテープを巻くと皮膚がかぶれてしまったり、使用するたびにテープを巻くため長期的に見るとコストがかかってしまうといったことが挙げられます。

おすすめのサポーター・テーピング

サポーター

アスメディ しっかりしめるスリーブタイプ 膝(ひざ)用

スポーツ時の身体のトラブルには、過度の使い過ぎや関節を強くひねる等さまざまです。

「しっかりしめる」サポーターは、身体の動きをしっかり固定しスポーツ・日常シーンを快適にサポートします。

アスメディ しっかりしめるオープンタイプ 腰ベルト

滑車の原理を利用したベルトで、軽い力でもしっかり締まります。伸縮ベルトが腹部も一緒にサポートし、体幹全体をしっかり支えます。

比較的薄手なので、インナーの上でもかさばりにくくなっています。

足首

アスメディ しっかりしめるスリーブタイプ 足首用

スポーツテーピング理論に基づき、テーピングシールド(低伸縮フィルム)を配置。 くるぶし周辺の固定力を高め、足関節を曲げる・伸ばす・走る等の過度な動きと左右のブレを抑制し安定させます。

太もも

アスメディ しっかりしめるスリーブタイプ もも用

スポーツテーピング理論に基づき、テーピングシールド(低伸縮フィルム)を配置。 もも前面の固定力を高め、脚を曲げる・伸ばす・走る等の過度な負担をサポートします。

独自開発の400%ストレッチ生地で、身体の曲線・あらゆる動きにもズレることなくフィットします。

ふくらはぎ

アスメディ しっかりしめるスリーブタイプN ふくらはぎ用

ス伸縮性のあるキネシオロジーテーピング理論に基づき、部位に合わせて段階圧力を設計。  ふくらはぎ部分の圧迫力を高め、脚を曲げる・伸ばす・走る等の過度な負担をサポートします。

テーピング

伸縮性 エラスチックテープ 75mm×4m(伸長)

フィット感が高く、可動域が必要・大きな部位を巻く際に最適です。

特殊粘着剤の使用で皮膚への刺激も少なく快適な状態を保ちます。

怪我しないようにストレッチ

トレッチには「怪我予防」の効果があります
身体の柔軟性が低下している状態で激しい運動をすると、思いがけず筋や筋肉を傷めてしまうリスクがあります。
また、柔軟性が低いと、転倒など突然の事態で大きな怪我をしやすくなるため注意が必要です。

練習前後はストレッチをして怪我を予防しましょう。

競技者のためのストレッチ紹介記事はこちら

怪我しないように筋トレ

ストレッチよりも、筋トレの方が怪我のリスク低減の効果が高く、筋トレをすることで怪我のリスクが3分の1まで減ったという結果もでているほどです。

また、体幹が弱い状態だと、どんなに走り込んだとしても、身体のブレが多く、無駄な動きが多い状態におちいるため、中距離競技者にとって筋トレは必須です!

競技者のための筋トレ紹介記事はこちら

最後に

中距離競技者にとって怪我は最大の敵です。

怪我をしなことに越したことはありませんが、なった際は落ち込まずに今自分にできることを考えて競技力を向上させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました