中距離

3000mSC

【陸上/長距離】3000m障害で9分30秒を切るための練習メニューを大公開!

高校に上がると長距離種目に3000mSC(障害)が追加されます。 3000mSC(障害)では、障害物を28回、水濠を7回越えるという陸上競技の中でもかなり特殊な種目。 そんな特殊なルールに惹かれて3000mSC(障害)を始めたいと思っている方も多いと思います! そこで今回は3000mSC(障害)で9分30秒を切ることを目標とした練習メニューを紹介していきます!
3000mSC

【陸上/長距離】3000m障害で11分0秒を切るための練習メニューを大公開!

高校に上がると長距離種目に3000mSC(障害)が追加されます。 3000mSC(障害)では、障害物を28回、水濠を7回越えるという陸上競技の中でもかなり特殊な種目。 そんな特殊なルールに惹かれて3000mSC(障害)を始めたいと思っている方も多いと思います! そこで今回は3000mSC(障害)で11分0秒を切ることを目標とした練習メニューを紹介していきます!
3000m

【陸上/長距離】3000mで10分0秒を切るための練習メニューを大公開!

男子の最も平均タイムが速い年齢は17歳で13分12秒です。目標タイム10分0秒は平均より3分12秒速いことになります。女子の最も平均タイムが速い年齢は13歳で14分11秒です。目標タイム10分0秒は平均より4分11秒速いことになります。
3000m

【陸上/長距離】3000mで11分0秒を切るための練習メニューを大公開!

男子の最も平均タイムが速い年齢は17歳で13分12秒です。目標タイム11分0秒は平均より2分12秒速いことになります。女子の最も平均タイムが速い年齢は13歳で14分11秒です。目標タイム11分0秒は平均より3分11秒速いことになります。
1500m

【陸上/中距離】1500mで4分00秒を切るための練習メニュー!

1500m4分00秒切りは中学生だと全中決勝レベル、高校生だと県大会トップレベル。 相当な努力をしないとこのレベルまでたどり着くことはできません。 じっさいに私も4分を切るまで、かなりの時間を練習に費やしてきました。 しかし、覚悟があれば誰であろうと、4分切りをはたせると自負しています。 今回は覚悟がある方にむけ、1500m4分00秒切りを可能にする練習方法を紹介していきます。
1500m

【陸上/中距離】1500mで5分00秒を切るための練習メニュー!

「1500mで5分を切りたい」 「体力テストの持久走で10点が取りたい」 1500mで5分が切れるようになれば、体力テストで満点がとれます。 満点をとってクラストップクラスの座を獲得したいですよね! そんな方に向けて今回は1500mにおいて大きな目標となる、5分切りを可能にする練習方法を紹介していきます。
800m

【陸上/中距離】800mで2分5秒を切るために必要な練習!目指せ県大会!

800mで2分5秒を切れるようになってくると中学生では全国大会出場、高校生では県大会出場が見えてくのではないでしょうか。 少ない出場枠を勝ち取るのは憧れの一つですよね! この記事ではそんな憧れの800m2分5秒切りをかのうにする方法を詳しく解説していきます!
タイトルとURLをコピーしました